たま子 子宮蓄膿症で手術

e0187088_22503724.jpg


先々週辺りからどうもたま子の様子がおかしい。
食欲はあるしトイしも変化がないのですがやたらとお尻を気にしてなめている。

たま子は毛が長いけどお尻はいつもキレイにしていて「えらいね~」と誉めているのですがちょっと汚れているよう。

先週の水曜日には食欲も元気も少しない様子になり木曜日に病院へ。

病院でお尻をみてもらうともの凄く汚れているのにびっくり!
診断結果は
『子宮蓄膿症』と聞いて又びっくり!

だってたま子は何人かの先生に確認してもらって避妊手術しているはずだったから。

子宮に膿みが溜まり早く摘出手術をしないと生命に危険が及ぶと先生に言われ私達は迷わず手術のお願いをしました。
お尻の汚れは膿みがでてきていたからだそうです。


その日はすでにご飯を食べさせてきていたので手術は翌日にと言う事で
夜から入院をして点滴で手術に備えます。

明けて金曜日のお昼から手術。
たま子は元々、白血球と血小板が少ないのでそこが手術に影響を及ぼすかもとのリスクの話しが先生からあり
ドキドキしながら連絡を待ちました。

結果、無事手術成功049.gif
その日の夕方に面会に行くと麻酔でぼんやりしながらも呼びかけにこちらまで歩いて来るたま子に涙がでそうになりました(/_;)

入院は一週間程と言われてましたが回復が早かったので月曜日には退院できました!良かったぁ~。

今は新しいケージで療養中。
結構お腹を切ったのでエリザベスカラーで縫った所を保護していますがこれが不便で可哀想なんです。
日曜日の抜糸まで我慢我慢…。

術後に摘出した子宮を写真でみせてもらいましたが通常1センチ程がちょっと立派なタラコ程になってました。
こんなになるまで気が付かなくてごめん!

繁殖させる気がないメスの猫ちゃんは
このような病気もある為
避妊手術をする事をお勧めします。
今回たま子は不幸中の幸いで膿みが出てきて気が付きましたが溜めて溜めて体内で破裂して命を落とす子もいるそうです。 

早く抜糸して心おきなくグルーミングしてもらいたいです。
[PR]
by kiirodaisuki | 2014-02-19 22:49