サッカーやら食べ物やらの話


by kiirodaisuki

カテゴリ:亜急性甲状腺炎( 5 )

亜急性甲状腺炎その5

先週病院に行ってきました。

血液検査の結果甲状腺ホルモンの値が低かったものの
炎症もおさまっておりもう大丈夫でしょうとのこと。
晴れて無罪放免!完治です!

長かった…
でも甲状腺の病気では軽いほうで
他の甲状腺系の病気では
長い人は年単位で苦しむ人もいるそうで
このくらいで長いなんて言ってたら笑われるそうです。


病気がなんであるかわかるまでは不安でだるくて仕方がなかったですが
わかって治療に入ってからはとても楽になりました。

ただ効く薬は副作用もきつい事を身に染みて知りました。

顔の丸いのは解消されつつありますが
体重はトータル4キロ増えましたァぁぁア~。

運動と食事できちんと減量します。

とにかく治ってよかった。
色々迷惑かけた旦那さん
ご心配をおかけしたお友達にもご報告&お礼。

さて心置きなく飲めるようになりましたので
お誘いお待ちしております(笑)
あれ?減量は?
[PR]
by kiirodaisuki | 2012-05-21 23:17 | 亜急性甲状腺炎

亜急性甲状腺炎その4

e0187088_858407.jpg


GWいかがお過ごしですか?
我が家はGWの後に全北戦観戦のために韓国旅行をするので
この連休は近場でうだうだします。


さて亜急性甲状腺炎ですが
薬を飲んでいる以外は普通に過ごしています。

病院にも2回行って検査もしていますが
異常なしです。

薬は突然止めてしまうと
薬がホルモンを提供してくれているので
さぼっている副腎さんが
「いきなりは作れないっす」となって
結局ぶり返しちゃうことがあるので
少しづつ減らしてます。

4錠から始まってやっと1錠になりました。
GW明けからは無しになりまして
2週間経過を見て検査で何もなかったら終了~~~~。

たぶん何もないのでこれで終われるかな?
一生のうち2度かかる人は稀らしいので
私はもう亜急性甲状腺炎には悩まされますまい!

お医者さんは「甲状腺の風邪みたいなもの」と言ってましたが
風邪にしては長いよね。
[PR]
by kiirodaisuki | 2012-04-30 08:58 | 亜急性甲状腺炎

亜急性甲状腺炎 その3

先週病院に行ってきました。

先生がギャル先生からひげ坊主の若先生になり
診療待ちが劇的に早くなりました。
ストレス減った!


血液検査の結果は炎症が治まっていると出ていました。
が、甲状腺から漏れて体中にあふれていたホルモンが
今度は足りない状態になってます。


甲状腺ホルモン満載だったころとは反対の症状が出てくるようですが
今の所大丈夫です。

ただステロイドの副作用が出始めてきました。
元々丸顔でしたが
顔がパンパンになってきた。
鏡を見るたび
「アンパンマンぽいな…」と思います。
これは仕方がないので受け入れてます(しぶしぶ)


薬はもう2週間そのまま15ミリで継続。
ついでにプレドニンでは胃を痛めやすいとのことで
胃薬も新たに処方されました。
(私、胃は丈夫なんで全然平気なんだけど)

体調はすこぶる良いので
またしばらく薬を飲んで(サッカー以外)
のんびり過ごそうと思います。
[PR]
by kiirodaisuki | 2012-03-27 11:45 | 亜急性甲状腺炎

亜急性甲状腺炎 その2

今週も病院へ行ってきました。
先週は7時間もかかりましたが
今週はトータル4時間半で済みましたよ。
(って、帰る頃にはくたくたです)


血液検査の結果症状は落ち着いてきているとの事で
プレドニンが20ミリ→15ミリに減りました。
これで2週間様子を見ます。

先週は薬を飲んでから劇的に回復したのですが
やはり『偽元気』
ちょっと無理をすると夜に熱がでたり
動悸がひどくなったりしました。

薬の副作用軽減の為に
なるべく水分を摂り余計なものを出すように
お風呂で半身浴をするのですが
ちょっと入りすぎると
ゼーゼーハーハーと大変な事になります。

久しぶりにビールをコップ一杯飲んだだけで
ドキドキがひどかったり。



昨日から薬を3錠に減らしてどうなるかな?と
思ってましたが
やはり寝ている間に久しぶりに悪寒が。
朝方いきなりゾクゾク寒気がしてどうしようもなくなり
急いで猫達(大体2匹共私のお布団にいる)を探し
猫湯たんぽで暖を取りました(笑)

こうやって薬と体調を調整しながら
治していかなくてはいけないんだな~と実感。
焦らずじっくり治します。


薬局で薬を受け取るときに薬剤師さんに質問。
「プレドニンの副作用である
ムーンフェイス(顔に肉が付きやすく真ん丸になる)やお腹、背中にも
肉が付くなどは飲んでどのくらいででますか?」

薬剤師さん「早い方だと1週間でも出始めます」
そして私の顔をジロジロ。

「私は元々丸顔なんです!」
と、心の中で叫びました。

まぁこれ以上付かないように一生懸命マッサージ&ストレッチします。
[PR]
by kiirodaisuki | 2012-03-09 10:45 | 亜急性甲状腺炎

亜急性甲状腺炎 その1

風邪じゃありませんでした。

昨日別の病院で検査した結果(7時間もかかった)
『亜急性甲状腺炎』と判明。

「耳鼻科に行ったのに先生わからなかったか~」と言われました。

この病気は甲状腺に何らかのウイルスが悪さをして
甲状腺が傷つき甲状腺ホルモンがダダ漏れて
色々な症状が出るというものです。

私が感じた主な症状は
悪寒、発熱、首の痛み、倦怠感、発汗でした。
このほかに動悸、息切れなどがあるそうですが
私はあまり感じませんでした。
けれど昨日の血圧測定で安静だったのに
脈拍が112もあってびっくり!
症状は出てました。

この病気は30代~50代の女性に多くみられるそうなので
拙い闘病記をご参考にしていただければと
カテゴリー分けしました。

診断が下り投薬治療となりました。
その薬が曲者でステロイドなんですよね。
私はプレドニンをい1日20ミリからです。

この薬恐ろしいほど効きます。
昨日病院から帰ってすぐに飲んで
今日はもう病気の前と変わりない感じです。
あのだるい辛いが全くなく元気です!
そして怖い。
こんなに効くんだから副作用が無いわけないですよね。

上手に減薬しないとぶり返しやすいらしいので
焦らず付き合っていきたいと思います。

この元気は薬のおかげ。
いわば「偽元気」です。
調子に乗らないで安静第一で過ごそうと思います。
[PR]
by kiirodaisuki | 2012-03-01 09:36 | 亜急性甲状腺炎